美容クリニックで働く

Home »  美容クリニックで働く

美容クリニックで働く看護師には「美容外科看護師」と「美容皮膚科看護師」の2種類があります。
名前は何となく似ていますが施術や業務は全く異なります。
美容外科ではいわゆる整形手術を行うため、看護師の業務内容は受付からカウンセリング、手術の介助や機器の管理、患者の管理・ケアなどです。
この中でも重要なのは受付・カウンセリングで、患者の悩みをきちんと把握し、理解する。
一番いい施術方法を選んでいかなければならないため高いコミュニケーション能力が必要です。
顔にメスを入れるのは並大抵の不安ではありません。患者さんの気持ちになって的確にアドバイスをしてあげて、施術する医師との懸け橋になってあげることが重要です。

一方美容皮膚科のほうは、受付・カウンセリングは美容外科と同じなのですが、こちらの看護師は簡単な施術を行ったり、エステティシャンのような役割を担うこともあります。
それに皮膚科に通う患者さんは、定期的に通院したり、何度も通院する人が多いので美容外科同様、患者さんとのコミュニケーション能力が必要になって来ます。
お肌のトラブルや悩みは、患者さんにとってはかなり重大なことです。
看護師がきちんとしたコミュニケーションをとることで信頼関係を築き、患者さんが安心して治療に専念できるように心掛けましょう。

最近では美容クリニックの数が増え続けているので、医療行為を行うことが出来る看護師の需要は高まっています。
募集も多く転職先や就職先を見つけるのは意外と簡単かもしれませんが、一般の病棟勤務とはかなり違うので自分に合うか合わないかは、しっかり判断しましょう。

Leave your Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です